GO TOP

研究分野

分子化学生物学専攻 :
ケミカルバイオロジー講座

研究

友重 秀介

助教 友重 秀介
キャンパス 片平 キャンパス
所属研究室 活性分子動態
連絡先 022-217-6198
E-mail stomoshi@tohoku.ac.jp
ホームページ https://www.agri.tohoku.ac.jp/ishikawa-lab/index.html
 
山口県岩国市出身。千葉、東京、アメリカ、仙台、と故郷から色んな場所へ出てきましたが、基本インドア派です。あとウイスキーが好きです。筋トレはじめました。
経歴
2010年3月 千葉大学 工学部共生応用化学科 卒業
2016年3月 東京大学 大学院薬学系研究科 修了,博士(薬科学)
2016年4月-2018年3月 University of Notre Dame, Department of Chemistry & Biochemistry, Postdoctoral Researcher
2018年4月-2019年8月 東京理科大学 理工学部応用生物科学科 助教
2019年9月-現在 東北大学 大学院生命科学研究科 助教
 
著書・論文
原著論文
  1. Haruki Kohatsu, Shogo Kamo, Shusuke Tomoshige, Kouji Kuramochi
    “Total Syntheses of Pyocyanin, Lavanducyanin, and Marinocyanins A and B”
    Org. Lett. 2019, 21, 7311-7314.
     
  2. Shusuke Tomoshige, David A. Dik, Masaaki Akabane-Nakata, Chinedu S. Madukoma, Jed F. Fisher, Joshua D. Shrout, Shahriar Mobashery
    “Total Syntheses of Bulgecin A, B and C and Bactericidal Potentiation of the β-Lactam Antibiotics”
    ACS Infect. Dis. 2018, 4, 860-867.
     
  3. Mijoon Lee, Maria T. Batuecas, Shusuke Tomoshige, Teresa Domínguez-Gil, Kiran V. Mahasenan, David A. Dik, Dusan Hesek, Claudia Millán, Isabel Usón, Elena Lastochkin, Juan A. Hermoso, Shahriar Mobashery
    “Exolytic and Endolytic Turnover of Peptidoglycan by Lytic Transglycosylase Slt of Pseudomonas aeruginosaProc. Natl. Acad. Sci., U.S.A, 2018, 115, 4393-4398.
     
  4. Shusuke Tomoshige, Sayaka Nomura, Kenji Ohgane, Yuichi Hashimoto, Minoru Ishikawa
    “Discovery of Small Molecules that Induce Degradation of Huntingtin”
    Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56, 11530–11533.
     
  5. Shusuke Tomoshige, Mikihiko Naito, Yuichi Hashimoto, Minoru Ishikawa
    “Degradation of HaloTag-fused Nuclear Proteins Using Bestatin-HaloTag Ligand Hybrid Molecules”
    Org. Biomol. Chem. 2015, 13, 9746–9750.
 
和文論文
  1. 友重秀介
    “ペプチドグリカン部分構造の化学合成とケミカルバイオロジーへの利用”
    有機合成化学協会誌 2019, 77, 264–266.
     
  2. 石川稔, 友重秀介, 野村さやか, 山下博子, 大金賢司
    “神経変性疾患原因タンパク質のケミカルノックダウン”
    MEDCHEM NEWS 2018, 28, 88–92
 
所属学会
日本薬学会、日本ケミカルバイオロジー学会、有機合成化学協会

最近の研究について

一貫して、生体高分子の分解機構に関する創薬研究・ケミカルバイオロジー研究を行ってきました。現在は特に、ユビキチン―プロテアソーム系と呼ばれるタンパク質分解機構を利用した化学的手法の開発と創薬への展開を目指して研究を進めています。有機合成化学、分子生物学(、ときどき計算科学)、と分野の垣根なしに実験を行っています。

メッセージ

ただ技術を培うだけでなく、学生さん自ら考えてアイデアを練り、問題を解決できる研究者の育成を目指しています。まだまだ若輩者ですので、学生さんとともに教員として成長できればと思います。 できたてほやほやの活性分子動態分野を一緒に盛り上げていきましょう!