GO TOP

研究分野

脳生命統御科学専攻 :
分化制御ネットワーク講座

研究

分化再生制御 分野

分化再生制御 分野

生殖細胞は、全ての種類の細胞へ分化し個体全体を作り出すことのできる不思議な能力をもつ唯一の細胞で、胚発生の初期段階で多能性幹細胞(万能細胞)の一部から分化運命が決定され、始原生殖細胞として現れます。さらに精子や卵子へ向けて分化する過程では、独特なエピジェネティックな変化や代謝状態などにより、個体発生全能性を獲得します。こういった生殖細胞の分化運命決定や、その運命を全うするための分子メカニズムを、鍵となる遺伝子の同定とそれらの機能解析により解明することを目指しています。

特色・実績

生殖細胞の発生と多能性幹細胞をキーワードにした研究を一貫して行っています。研究する人、ひとりひとりの個性を大切にし、研究することの大変さと、その裏側にある大きな喜びを実感できるような研究室を目指しています。最近の研究からは、始原生殖細胞の発生・分化に関わる代謝制御に関して、大きな成果があがりました。
研究室URL http://www2.idac.tohoku.ac.jp/dep/crcbr/

教員紹介

教授 松居 靖久
詳細を見る
  • 生殖細胞の発生・分化を制御する分子機構
助教 林 陽平
詳細を見る
  • 生殖細胞の発生分化における代謝変換制御とその生理的意義の解析
  •  多能性幹細胞における生殖細胞の性質の再構成