GO TOP

研究分野

脳生命統御科学専攻 :
細胞ネットワーク講座

研究

発生ダイナミクス 分野

発生ダイナミクス 分野

発生過程における細胞動態の遺伝的制御メカニズム

 細胞は分裂・変形・移動を繰り返しながら、それぞれのゲノムに書き込まれたプログラムにしたがって、生物個体の複雑なかたちを作り上げていきます。私たちは、このような細胞動態の制御メカニズムについて、線虫C. elegansをモデル系として、遺伝子操作やライブイメージング技術を統合的に用いて解析しています。とくに、細胞骨格の一種である微小管の多彩な機能に着目し、細胞分裂や感覚神経の形態形成における微小管の役割とその時空間的制御メカニズムの解明を進めています。また、生殖腺や腸管などの器官の形状・サイズの決定メカニズムや、生殖細胞形成過程など、個体発生における細胞集団の秩序だった変化が遺伝子レベルでどのように制御されているのかを明らかにしようとしています。さらに、C. elegansとその近縁種を用いて、ゲノムの変化が細胞動態にどのような影響をおよぼすのかを解明する『進化細胞生物学』という新たな分野の構築をめざしています。

特色・実績

 当分野では、細胞数が成虫でも約千個と少なく、ゲノム解析情報も蓄積している線虫C. elegansを個体発生のモデル系として用いています。ライブイメージング技術とRNAi・遺伝子導入などによる遺伝子機能改変技術を統合的に活用することで、細胞極性の確立や紡錘体形成などの普遍的な現象を制御する分子メカニズムを明らかにしてきました。また、高分解能4次元イメージング技術や遺伝子機能改変法などの新規技術開発にも力を入れています。

研究室URL http://www.lifesci.tohoku.ac.jp/sugimoto_lab/index.html

教員紹介

教授 杉本 亜砂子
詳細を見る
  • 紡錘体形成における微小管の時空間的制御機構
  • 生殖顆粒の形成と生殖系列特異的な分配の制御機構
  • 形態形成過程における細胞形態変化の制御機構
  • 細胞ダイナミクスを解析するための新規技術開発
准教授 丹羽 伸介(兼)
詳細を見る
助教 春田 奈美
詳細を見る