GO TOP

研究分野

脳生命統御科学専攻 :
神経ネットワーク講座

研究

脳機能発達 分野

脳機能発達 分野

 人は社会や環境からの影響を受け成長し、また、常に変容し続けるものです。実際、我々動物の脳神経系は、ゲノム情報などの内因性の情報のみならず、生活環境や親・社会との相互作用などの外因性の情報も受けて形作られます。また、成体になっても、神経ネットワーク構造やその生理学的な機能が随時変化することが分かってきました。本分野では、鳴禽類が個体間音声コミュニケーション能力を生後発達させる機構や、げっ歯類における認知学習機構、病態時における脳機能の障害機構、培養細胞における遺伝子発現制御機構などを現在、研究対象としています。研究手法としては、分子生物学的技術、細胞生物学、光遺伝学、脳内イメージング、動物行動解析技術を使用し、これらの技術を統合的に用いることで、脳が“変わる”機構を明らかにすることを研究の目的とします。将来的には、脳機能の根源的理解を深めるとともに、脳機能疾患に対する予防法・治療法の開発や、学習や健全な発育を促進するよりよい教育システムの確立を目指します。

 

特色・実績

 鳴禽類(キンカチョウ、ジュウシマツ、カラスなどのスズメ亜目の鳥類)は、生後に接する情報に依存して「歌」や「さえずり」と呼ばれる個体間のコミュニケーション能力を発達させます。本分野ではヒトの言語獲得の動物モデルとして、鳴禽類のさえずり学習を研究の対象とし、その能力発達メカニズム、神経メカニズムを明らかにする研究を行っています。
 この他にも、脳機能疾患のモデルマウスなどを用い、動物が後天的に受容する情報に応じておこる脳内の変化を明らかにする研究や、培養神経細胞レベルで神経細胞、グリア細胞の可塑性制御機構を明らかにする研究を行っています。
 

研究室URL http://kntrb.org/Lab.html

教員紹介

教授 安部 健太郎
詳細を見る
  • 脳機能の発達メカニズム
  • 言語など高次情報処理の神経メカニズム
  • 脳機能障害に対する治療法の開発