GO TOP

研究分野

分子化学生物学専攻 :
階層的構造ダイナミクス講座

研究

生体分子ダイナミクス 分野

生体分子ダイナミクス 分野

「蛋白質の折り畳み」をキーワードとした生命科学研究

特色・実績

 蛋白質は特定の形に折り畳むことで、さまざまな機能を果たします。蛋白質が折り畳む特性を理解することで、蛋白質の構造予測や設計などの応用が広がると予想されます。さらに、蛋白質がある形に折り畳む特性は、蛋白質合成、輸送、分解などの細胞内現象に深く関与します。当研究室では、独自の一分子蛍光観察法を開発し、蛋白質の形がどのように作られるのかを調べる研究を展開しています。

研究室URL http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/takahashi-s/

教員紹介

教授 高橋 聡
詳細を見る
  • 一分子観察とバルク観察による蛋白質の折り畳みダイナミクス
准教授 鎌形 清人
詳細を見る
  • 新規一分子観察法による蛋白質の折り畳みが関わる生命現象
助教 小井川 浩之
詳細を見る

タンパク質ダイナミクスの一分子追跡