GO TOP

研究分野

分子化学生物学専攻 :
ケミカルバイオロジー講座

研究

分子細胞生物 分野

分子細胞生物 分野

細胞の力覚応答による細胞骨格再構築とストレス応答の分子機構の解明

 本研究室では、細胞の機械的な力負荷(メカノストレス)と低酸素に対する応答の分子機構について研究しています。筋肉や骨は力の負荷に対応するように構造が変化し、血管は、血流などの機械的刺激に応答して血圧の調節などの恒常性の維持に寄与しています。また、組織形態形成時の細胞集団の秩序ある振る舞いにおいても力の作用が重要な働きを持っています。また、細胞のエネルギー供給に関わるストレス応答は、細胞の生死を左右する重要なシステムです。

 メカノストレス応答の研究では、細胞が機械的力をセンシングし、その力に応じた細胞骨格の再構築を行う分子機構の解明を行っています。特に、アクチン骨格の再構築を制御する鍵となる分子である低分子量G 蛋白質Rhoファミリーのメカノストレスによる時空間的な活性化の制御について研究を行っています。
 低酸素ストレスに適応するための遺伝子誘導機構においてプロリン水酸化酵素PHDは低酸素誘導因子HIFの活性を調節しており,細胞内の酸素センサーとして機能しています.我々はPHDがHIFとは異なるストレス応答経路を制御することを見出し,その分子機構を解析しています.

 

研究室URL http://www.biology.tohoku.ac.jp/lab-www/ohashi_lab/index.html

教員紹介

教授 大橋 一正
詳細を見る
  • 細胞が機械的力を感知する「力覚応答」の分子機構の研究
  • 生細胞におけるアクチン骨格のダイナミクスの可視化
  • 生細胞における細胞内分子の活性変化検出プローブの開発
准教授 安元 研一
詳細を見る
  • プロリン水酸化酵素PHDによる低酸素応答制御機構の研究
助教 山下 和成
詳細を見る
  • メカニカルストレスによる細胞の応答
  • 上皮細胞の形態・極性制御機構と増殖制御機構の関係