GO TOP

研究分野

生態発生適応科学専攻 :
多様性ダイナミクス講座

研究

植物進化多様性 分野

植物進化多様性 分野

特色・実績

 陸上植物はきわめて多様な進化を遂げている.現在のような多様性を示すようになったメカニズムを明らかにすることとその実体を科学的に記載することを課題として,分子系統学,集団遺伝学,形態学,分類学,年輪年代学などのさまざまな観点から研究を行っている.また,現存の植物から得られるデータ用いて,過去に起きた進化について考察することも重要な課題の一つであり,特定の分類群の系統関係や現在の日本の植物相を構成する種についての過去の分布変遷なども研究対象としている.一方,現在の多様性を維持するための方策を考えるための基礎学問として,保全生物学的研究も行っている.本研究室は,仙台市川内にある植物園本園と青森県八甲田山にある八甲田分園の2カ所のスタッフで構成され,恵まれたフィールドを活用して研究教育活動を行っている.

研究室URL https://web.tohoku.ac.jp/gardenlab/

教員紹介

教授 牧 雅之
詳細を見る
  • 植物の多様性創出メカニズムに関する研究
  • 絶滅危惧植物の保全学的研究
助教 米倉 浩司
詳細を見る
  • 植物分類学
  • 世界、特に東アジアのタデ科植物の分類学的研究
  • 東~南アジアのイラクサ科ヤブマオ属植物の種分化に関する研究
  • 日本およびその周辺地域の植物相に関する研究 (特に力を入れている地域:青森県八甲田山、沖縄県西表島)
助教 大山 幹成
詳細を見る
  • 樹木年代学
  • 木材解剖学