GO TOP

研究分野

分子化学生物学専攻 :
協力教員

研究

天然物ケミカルバイオロジー 分野

天然物ケミカルバイオロジー 分野

 植物の生命現象には、多くの天然有機化合物が関与しています。当研究室では、植物ホルモンを始めとする生理活性物質を用いて、生命現象を解明し制御することを目標として研究を行っています。生物時計によって制御される植物の就眠運動現象や、植物-微生物間相互作用に関する天然物ケミカルバイオロジーが現在の中心課題です。

特色・実績

 有機化学をベースとして、有機分析、有機合成化学からin silicoドッキングスタディ、タンパク質科学、遺伝子解析まで、幅広い研究手法を活用して研究を行います。

研究室URL http://www.orgchem1.chem.tohoku.ac.jp/orgchem1/Home.html

教員紹介

教授 上田 実
詳細を見る
植物の天然物ケミカルバイオロジー
生物時計によって制御される植物の就眠運動現象や、植物-微生物間相互作用に関する天然物ケミカルバイオロジーが現在の中心研究課題です。