GO TOP

研究分野

分子化学生物学専攻 :
ケミカルバイオロジー講座

研究

活性分子動態 分野

活性分子動態 分野

低分子創薬に対する有機化学的な新手法の提案
 
 低分子医薬と疾患関連タンパク質の関係は、「鍵と鍵穴」に例えられますが、低分子創薬は疾患関連タンパク質の機能制御が主流です。この「鍵と鍵穴創薬」の成功例が多い一方で、薬らしい「鍵」が未発見のタンパク質(結合タンパク質・凝集性タンパク質・タンパク質複合体など)については、疾患原因タンパク質が特定されているにもかかわらず創薬の成功例が少ないのが現状です。この課題を解決すべく、私達は有機化学と分子細胞生物学を両輪として、低分子創薬の新しい手法開発を目指します。同時に、この手法を食品成分のケミカルバイオロジーに展開します。
 これまでの研究を二つ紹介します。ひとつは、疾患原因タンパク質の寿命を低分子によって縮める手法を開発しました。この手法を用いて、鍵と鍵穴創薬では対応が難しい、難病である神経変性疾患の原因タンパク質も減少させることを示しました。もう一つの研究は、化合物の体内動態を改善する分子設計です。分子間相互作用を減少させる分子設計により、一見矛盾する物理化学的性質である化合物の水溶性と脂溶性の両方を向上させ得ることを示しました。化合物の経口吸収性改善に適した方法と言えます。
 

特色・実績

有機化学と生物学の二刀流によって、産業ニーズを直視した創薬化学・ケミカルバイオロジー研究を実施します。
研究室URL http://www.agri.tohoku.ac.jp/ishikawa-lab/index.html

教員紹介

教授 石川 稔
詳細を見る
創薬化学、ケミカルバイオロジー
助教 友重 秀介
詳細を見る
化学的タンパク質ノックダウン法を基盤とした創薬化学、ケミカルバイオロジー研究
助教 佐藤 伸一 (兼)
詳細を見る