GO TOP

研究分野

分子化学生物学専攻 :
ケミカルバイオロジー講座

研究

分子情報化学 分野

分子情報化学 分野

 低分子有機化合物の生理機能解析や、創薬化学展開をテーマとする研究室です。有機化学の教育と、その発展系としてのケミカルバイオロジー研究を行っています。

特色・実績

 当分野は、疾患との関係が深いオートファジーの研究に精力を傾けています。最近、内因性分子8−ニトロcGMPが選択的オートファジーに果たす役割を解明して注目を浴びました(新聞報道多数)。 

 一方、院内感染症の原因として問題となっているバンコマイシン耐性菌に有効な抗菌物質をデザインしています。基礎志向の研究室ですが、アウトプットとして絶えず医薬を視野に入れて研究しています。他研究領域との共同研究も積極的に進めています。

研究室URL http://www.agri.tohoku.ac.jp/bunseki/index-j.html http://www.agri.tohoku.ac.jp/bunseki/ArimotoGroup.html

教員紹介

教授 有本 博一
詳細を見る
  • 選択的オートファジーの制御機構
  • バンコマイシン耐性菌に有効な新規薬剤の創製
  • 生物活性天然物の全合成
  • 酸化還元の新規合成方法論
助教 一刀 かおり
詳細を見る

天然物合成研究、新規反応開発、ESRを用いた分子イメージング研究、

抗生物質とタンパク質の相互作用解析