GO TOP

研究

生命科学交流ミーティング

生命科学交流ミーティング

 生命科学交流ミーティングは、研究室間の交流と将来のコラボレーションを目的とし、2015年に助教の先生方を中心に開始されました。2017年度から大学院生が運営を行う体制にシフトしています。
 
 
2019年度運営委員
代表:石田光南
小日向寛之、秦有輝、玉木恵、吉野倫太郎、八巻聡、山根梓、松本健太郎、古川晴比古、
外舘桃子、小廣健太、森谷叡生、古井瑛恵、廣邊奈々、大沼芽生
 
 
過去開催 
※所属・身分は開催当時のもの
 
第1回
2015年9月9日 片平キャンパス
瀬戸 義哉 助教(活性分子動態分野) 
 
 
2015年11月18日 青葉山キャンパス
牧野 渡 助教(群集生態分野)
「遺伝子情報を用いた淡水プランクトンの種判別とその応用」
 
丸山 真一朗 助教(生物多様性進化分野) 
「葉緑体の起源と細胞内共生生態系の進化」
 
 
2016年2月26日 片平キャンパス
大坪 嘉行 助教(遺伝情報動態分野) 
「自作研究用ソフトウエアの紹介」
 
古波津 創 博士研究員(脳機能遺伝分野)
「ショウジョウバエ求愛行動の視覚による制御とその神経基盤」
 
 
2016年5月11日 片平キャンパス
泉 正範 助教(ゲノム継承システム分野)
「光合成オルガネラ「葉緑体」を分解する2つのオートファジー経路」
 
丹羽 伸介 助教(発生ダイナミクス分野) 
「線虫遺伝学を用いた神経細胞の形態形成機構の解析」
 
 
第5回
2016年6月29日 青葉山キャンパス
今村 航平 博士研究員(植物生態学分野)
「Attitudes toword disaster-prevention risk in Japanese coastal areas: Analysis of civil preference」
 
Qing Wei Wang 博士研究員(機能生態学分野) 
「UV-induced DNA damage and UV tolerance mechanisms in species with different funtional groups coexisting in moorlands plant communities」
 
 
2016年9月16日 片平キャンパス
石田 森衛 博士研究員(膜輸送機構解析分野) 
「メラノサイトにおけるメラノソームの輸送研究」
 
市之瀬 敏晴 博士研究員(神経行動学分野) 
「ショウジョウバエにおける経験依存的な行動変化を制御する神経基盤」
 
 
2017年6月2日 片平キャンパス
上妻 馨梨 博士研究員(機能生態学分野)
「レドックスによる光合成調節機構」
 
小和田 俊行 助教(生体分子制御分野)
「化学プローブを用いた生体機能の可視化」
 
 
2017年10月25日 片平キャンパス
阿部 玄武 助教(器官形成分野)
「Twin-tail 金魚の尾ヒレはなぜ二つに分かれるのか?」
 
黒羽 剛 助教(植物細胞壁機能分野)
「浮きイネの洪水に適応する分子機構とその進化」
 
 
2017年12月15日 片平キャンパス
饗庭 正寛 助教(植物生態分野)
「樹木の環境応答と生態系サービス」
 
永井 友朗 助教(情報伝達分子解析分野)
「増殖抑制依存的な一次繊毛形成の分子機構」
 
 
2018年2月28日 片平キャンパス
九鬼 寛明 博士学生(植物細胞壁機能分野)
「細胞壁再生系と画像解析を用いた植物細胞壁の構築過程の解析」
 
田中 良弥 博士学生(脳機能遺伝分野)
「行動の種特異性を規定する神経メカニズムーショウジョウバエの求愛行動を用いた取り組み」
 
津山 研二 博士学生(発生ダイナミクス分野)
「線虫C. elegansとその姉妹種C.inopinataを用いた個体サイズ制御メカニズムの解析」
 
 
2018年6月22日 片平キャンパス
近藤 倫生 教授(統合生態分野)
環境DNA技術と高度生態情報社会の可能性」
 
植本 俊明 博士学生(動物発生分野)
「魚類を用いた器官再生研究」
 
Dundar Gonul 博士学生(分子遺伝生理分野)
「シロイヌナズナにおける紫外線UVBダメージ~UVB誘発DNA損傷とオートファジーの関係~」
 
 
2018年10月11日 片平キャンパス
石井 悠 学振特別研究員(進化生物分野)
「サンゴ共生藻と刺胞動物との細胞内共生の分子メカニズム解明」
 
三苫 舞 博士学生(植物分子育種分野)
「ラン科植物における花器官形成の分子機構解明」
 
 
2018年12月20日 片平キャンパス
小金澤 雅之 准教授(脳機能遺伝分野)
「種特異的求愛行動パターン進化のメカニズム」
 
牧野 能士 教授(進化ゲノミクス分野)
「高い再生能力を持つ動物に特異的な遺伝子の探索」
 
 
2019年2月18日 片平キャンパス
佐藤 大気 博士学生(進化生物分野)
「精神的個性の進化遺伝基盤」
 
田中 雅史 助教(脳機能発達分野)
「歌の模倣を駆動する中脳から大脳皮質へのドーパミン放出」
 
 
2019年7月26日 片平キャンパス
丸岡 奈津美 博士学生(水圏生態分野)
「ミツクリミジンコ120年ぶりの再発見」
 
橋本 翼 博士学生(応用生命分子解析分野)
「蛋白質結晶を利用した構造決定手法開発」
 
高橋 大輝 学術研究員(分子情報化学分野)
「オートファジーを利用した細胞内物質の選択的分解」