GO TOP

研究

生命科学交流ミーティング

生命科学交流ミーティング

 生命科学交流ミーティングは、研究室間の交流と将来のコラボレーションを目的とし、2015年に助教の先生方を中心に開始されました。2017年度から大学院生が運営を行う体制にシフトしています。
 
 
2020年度運営委員
代表:畑中龍平(発生ダイナミクス分野、M2)
小日向寛之、山根梓、秦有輝、吉野倫太郎、松本健太郎、小廣健太、森谷叡生、古井瑛恵、
廣邊奈々、渡部佑、平松駿、森實 彩馨、高田幹也、赤堀真子、西塔心路、
金あおい、國富葵、呉 宏揚
 
※講演者も随時募集しております。
連絡先
代表:畑中龍平(発生ダイナミクス分野)ryuhei.hatanaka.q6(at)dc.tohoku.ac.jp
 
 
 
過去開催 
※所属・身分は開催当時のもの
 
 
 
 
 
 
2020年度開催 (第22回~)
 
 
2020年5月14日 オンラインセミナー
竹内 秀明 教授(分子行動分野)
「メダカの個体認知を介した配偶者選択とその分子神経基盤」
 
 
2020年6月29日 オンラインセミナー
長井 広樹 博士研究員(組織形成分野)
「ショウジョウバエ腸管モデルへの誘(いざな)い」
 
梅原 厚志 助教(生命構造化学分野)
「穏和な新規反応が可能にする生物活性天然物の高効率全合成」
 
 
2020年8月7日 オンラインセミナー
千葉 聡 教授(生物多様性保全分野)
「巻貝鏡像体の生態発生適応科学」
 
家村 顕自 助教(分子腫瘍学分野)
「ゲノム安定性の維持に必要な分裂期染色体の動き」
 
 
2020年8月28日 オンラインセミナー
押谷 仁 教授 (医学系研究科微生物学分野)
「新型コロナウイルス(COVID-19)の現状と課題」 
 
 
2020年10月8日 オンラインセミナー
林 陽平 助教 (分化再生制御分野) 
「生殖細胞の形成と分化における代謝調節の役割」
 
二宮 小牧 博士学生 (分子細胞生物分野)
「細胞間の接着を制御する新規Rho-GEFの役割」  
 
 
2020年11月26日 オンラインセミナー
矢野 大和 講師(微生物進化機能開発分野)
「平板培地上での細菌のリアルタイム進化:微生物はどうやって多様性を生み出し、それを維持するのか?」
 
番場 大 博士研究員(共生ゲノミクス分野)
「共生関係はどのように多様化するのか? ~ミヤコグサ-根粒菌共生関係から探る~ 」